トップ
純生黒糖
きび黒蜜
職人のかげん
 


 
奄美大島の海は、入り組んだ
リアス式の海岸となっており、
美しいさんご礁が周りを囲む
ようにしてなりたっています。
一年を通しての最低海水温は
20度ほど。

150種類ほどのさんご礁が
島の周りをぐるりと取り囲んでいます。
そのさんご礁が小魚達の楽園となって
おり、さんごの産卵は、南の島にあって
雪が降ってきたように見える神秘的な
姿を私達に見せてくれます。また、笠利
町にある25Kmにもおよぶさんご礁は
何百年、何万年とかかって自然が作
り出した自然の力を見せてくれています。
奄美大島では一番の遠浅のあやまる崎
のエダミドリイシ群も圧巻です。
海の中には、色鮮やかな魚達が
生息しています。さんご礁の外側
に生息している「えらぶち(いらぶち)」
は目のさめるような真っ青な色をして
いますし、赤い体に青い斑点のある
「はーじん」は大きさも味も魚の王様と
言われています。
アマミの名前をとった魚もおり、アマミ
ハナダイやアマミフエフキなど。
奄美の固有種と言われる「じだい」は
ピンクの体に青紫の小さな斑点があり
大変、美しい姿です。




メールへ→ トップへ